アフターピルについて

ピルというと避妊のための薬というイメージを持っている人が多いのかもしれません。
避妊するために飲む薬というのは間違っていないでしょう。

ただし、ピルと一言で言ってもいくつか種類があります。
それぞれで使い方も違ってきますし、
どのような状態の時に必用となるのかにも違いがあります。


ピルがどのようなものなのかを知っておけば、
避妊を考えている時だけでなく役立てることができます。

まず、ピルの種類ですが

アフターピル
低用量ピル
超低用量ピル

といった種類があります。



アフターピルは、緊急避妊薬と呼ばれているピルになり、
妊娠を避けるための最終的な方法となっています。

なぜ最終的な方法になるのかというと、
アフターピルは、性交渉の後に飲むことで避妊する方法であるためです。


アフターピルには女性ホルモンが含まれており、
性交渉後に飲むことで排卵を遅らせることができます。

排卵を遅らせ子宮内膜へ着床刺せないようにすることで
避妊することができるという方法です。

性交渉後いつ飲んでも効果があるということはなく
72時間以内に飲むことが必要となります。


アフターピルの避妊率は80%程度と言われていますから
必ず避妊することができる方法ではありません。

受精卵が着床してしまった後では
飲んでも効果を期待することはできませんから、
より確実な避妊を考えるのであれば他の方法をとることになります。

アフターピルはあくまでも緊急用の薬になります。


では、緊急とはどのような時になるのかというとコンドームを使用しなかった、
コンドームが途中で外れたり破れてしまったといった時や
レイプや性交渉の強要といった
自分の意志ではなく妊娠の可能性ができてしまった時などになるでしょう。


性交渉後に飲むことから中絶薬のように考えている人もいるのかもしれませんが、
アフターピルは中絶薬ではありませんから
飲んだから絶対に避妊しないというものではないことを理解しておいた方がよいでしょう。


アフターピルは、年齢制限もなく生殖可能な年代であれば処方してもらうことができます。
病院によっても違いはありますが多くの病院が可能としていますから、
必要となった場合には婦人科やレディースクリニックなどで処方してもらうようにしましょう。

アフターピルはどこでもらえるの?服用時間や種類、金額は?

性行為の際、「避妊はしていたけど、思わぬアクシデントにより、妊娠してしまったかも…。」
と不安になったことはありませんか?

 

あなたやパートナーにとっても、生まれてくる子にとっても、
望まない妊娠は避けたいですよね。

 

1人で抱えこむとストレスもたまり、どんどん不安になってきます。
そんな時はすぐに近くのクリニックや産婦人科に訪れてみてください。

 

今回は、”アフターピルのもらい方、服湯尾時間や種類、金額”について
ご紹介していきたいと思います。

 

 

●アフターピルってなに?

 

アフターピルとは避妊を失敗した時に、
妊娠の可能性を抑える緊急用ピルのことです。

 

1998年から「緊急避妊薬」(ECピル)として、
女性が避妊に失敗してしまった際に服用し、
妊娠を回避するのに効果的だとしました。

 

 

●アフターピルの種類や料金は?

 

クリニックや婦人科で処方されるメジャーなアフターピルの種類は下記の2つです。

 

・ヤッペ法
従来からある緊急避妊薬で、薬を服用する回数が2回のヤッペ法。

 

副作用による吐き気などの症状が出る可能性が高いですが、
費用を安く抑えることができ、
5,000~6,500円程でお薬を処方してもらえます。

 

・ノルレボ錠
薬を飲む回数が1回のみとなります。

 

ヤッペ法よりも副作用が出る可能性が低く、
厚生労働省の認可も得ている比較的新しい緊急避妊薬です。

 

副作用が出る可能性が低い代わりお値段が高く、
15,000~17,000円で処方してもらえるお薬です。

 

 

●アフターピルはいつ飲めばいいの?

 

避妊に失敗した時に頼りの1つとなるアフターピル。
しかし、そんなアフターピルもいつ飲んでも効果が出るという訳ではありません。

 

アフターピルは性行為後、72時間以内に服用し、
その12時間後に2回目の服用をしなければ効果が期待できません。
(ノルレボ錠の場合は1度のみ)

 

●アフターピルの避妊効果や副作用は?

 

アフターピルの避妊効果80%前後と言われています。

 

また、72時間以内という時間制限があるとはいえ、
早めに服湯すると避妊の効果が高いと言われています。

 

避妊失敗後、12時間以内にアフターピルを服用した人は、
60~72時間以内に服用した人に比べ、
8倍も妊娠しにくいという報告も発表されています。

 

アフターピルの副作用として吐き気をおこす可能性があります。

 

ピルを服用して2時間以内におう吐してしまった場合は、
同量のピルを再度服用しなければなりませんので、
吐き気止めと一緒に服用することを勧めるお医者様も多いです。
(※まれに、副作用として不正出血を起こす場合もあります。)

 

いかがでしたか?

 

他にもピルに関する情報をまとめていますので、是非チェックしてくださいね♪